患者さんの立場になって
自身が受けたい治療を*
いづかファミリー歯科では、専用ツールによる治療部位の「見える化」で、解りやすく詳しい、 丁寧な説明を心がけたカウンセリングを重視しています。
さらに、痛みを最小限に抑えるための設備や、極力治療器具を見せないようにするなどの細かい配慮によって、患者さんの不安や恐怖心を少しでも軽減できるよう、従来の歯科医院の通いにくいイメージを打破できるよう、工夫しています。

当院が大切にしていること

なるべく削らない、
抜かない、痛くない治療

歯は一度削ってしまうと二度と元には戻りません。どんな被せ物や詰め物にも寿命があり、ある報告では平均5年〜8年ほどと言われています。つまり、治療をしても以前と同じ状態に戻っているわけではないのです。
だからこそ、いづかファミリー歯科ではMI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療と呼ばれる、なるべく削らない・抜かない、残っている健康な歯を少しでも多く残す治療に取り組んでいます。

またせっかく治療しても、今までと同じ意識・生活のままでは虫歯の再発に繋がります。それを繰り返すとご自身の歯がどんどん少なくなり、残った部分も弱くなってしまいます。そうならないよう、残った歯を生涯使い続けられるよう、治療後の予防・ケア・メインテナンスによってサポートいたします。

*

歯を失う一番多くの原因は歯周病です

日本の成人の約80%が患っていると言われている歯周病は、虫歯などと異なり痛みなどの自覚症状がほとんどありません。気付いた時にはかなり進行しており、抜歯しなければならない…ということもある、とても怖い病気なのです。

また、歯周病はお口の中だけではなく、糖尿病や心臓病などの全身疾患や、流産や早産・低体重児出産との関連性も報告されています。
お口だけでなく全身の健康を守るためにも、歯科医院での検査、歯周病菌や歯石の除去を定期的に行い、生活習慣を改善していきましょう。

*
こんな症状でお悩みではありませんか? 「歯周病は自分とは無縁」そう思っている方も!歯周病チェック
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯を磨いた時に血が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすい。
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする。
    (歯茎が下がったように見える)
  • 歯がグラグラする。浮いているような気がする。
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る。
  • 硬いものを噛むと痛んだり、噛みにくい。
一つでも当てはまる方は、ぜひ一度
歯科医院へお越しください!
こんな症状でお悩みではありませんか?
歯周病はこうして進行します
  • *
    歯と歯茎間に歯垢がたまります
  • *
    歯茎が赤くなり腫れてきます
  • *
    歯槽骨が溶けて後退してきます
  • *
    歯槽骨で歯を支えられなくなります

当院では歯科用レーザーによる
歯肉炎(歯周病の初期状態)の治療も
行っています。

虫歯の原因は?どうやって防ぐの?

虫歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。
菌の塊である歯垢(プラーク)に含まれる、虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)が糖分やタンパク質を分解する際に排出する酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かして虫歯を作るのです。
歯みがきをしていないけど・甘いものをたくさん食べているけど虫歯がないという人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。

*
  • 歯質
    エナメル質、象牙質、セメント質など歯を作っている成分のことで、その強さは一人ひとり異なります。歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることで、強化できます。
  • 糖分
    食後は暫くの間お口の中が酸性になります。間食が多いとその状態=虫歯になりやすい状態が続いてしまいます。
    だらだら食いを控えたり、砂糖の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう。
  • 細菌
    虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きを持つキシリトールやフッ化物を活用したり、歯科医院でのメンテナンスで菌の塊である歯垢や歯石を除去しましょう。
虫歯はこうして進行します
  • *
    歯の表面に虫歯ができます
  • *
    虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます
  • *
    熱いものがしみて、ズキズキ痛みます
  • *
    神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります
痛みがなくなったからといって
放置していると…

根の先に細菌と膿がたまって炎症が起き、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。
まれではありますが、そこから全身に細菌が侵入する危険性もあります。まずは予防、なってしまったら早期に発見・治療を行いましょう。

虫歯や歯周病から歯を守る
CARE
心と身体に寄り添った治療
CURE

関連医療機関 猪塚皮膚科

ページの先頭へ戻る