生まれ育った地で
歯科を通した地域貢献
*
幼い頃から皮膚科医師として地域に貢献している父の姿を見てきて、
そして小学校時代外傷により歯が欠けてしまったのを即座に治してもらった際の
その嬉しさと感動から、地元高浜の皆さんの健康に貢献できる歯科医師になることを決意しました。
これまでの経験による知識や技術を、来院してくださる方のために惜しみなく提供し、
そしてこれからも立ち止まることなく磨き続けることをお約束します。

*

幼少~小学生

*

小さい頃は活発で、友達みんなと公園で毎日野球をしたり、バスケをして遊んでいました。

*

野球をして遊ぶときは、サンタさんからもらったキャッチャー道具を一丁前に身にまとい、将来の夢はプロ野球選手でした。

*

小学生〜中学生

*

小学校から中学校まではバスケ部でした。
ちょうどスラムダンクが流行っていた頃で、NBAのマイケル・ジョーダンを真似したりしていました。
今でも歯科関係の方たちと楽しくプレーしています。

エレクトーンやボーイスカウト以外にも、スイミング・絵画・習字・そろばんなど、習い事をいろいろ習わせてもらいましたが、当時はイヤイヤやらされている感じもありました…。
しかし現在、自身が親の立場になってみると、たくさんの経験をさせてくれた両親にただただ感謝するばかりです。

*

エレクトーン
発表会ではビートルズのヘイ・ジュードを演奏。今ではまったく弾けませんが…、自身の子どもたちも習っています。

*

ボーイ(カブ)スカウト
ハイキングをはじめ、夜中に地図とコンバスを頼りに班のみんなとミッションをクリアしてゴールを目指す、オーバーナイトハイク。自分たちでテントを張り、薪拾い・火起こしから作る食事、寝袋で夜遅くまで仲間たちと語り合ったキャンプ。
他にも川遊び、手旗、募金活動、救護訓練なども体験しました。

*

高校生時代

*

高校は、元中日ドラゴンズ:山本昌さんの母校でもある日本大学藤沢高校へ進み、軟式野球をしていました。
当時苦楽を共にした仲間は成人になっても大切な存在で、今でもバーベキューやスノーボードなどを一緒に楽しんでいます。

*

歯学部大学生時代

*

小学生の時、ぶつけて歯が欠けてしまったのを即座に治してもらった経験から憧れていた、歯科医師への道。
日本大学歯学部への入学でその第一歩を実現し、東京で一人暮らしをしながら通学していました。ここでも、親のありがたみを実感しました。

  • *
  • *

*

大学生時代のバイトは、野球好きが高じて東京ドームの警備員をしていました。
しかし配置はドラゴンズファンなのに巨人側…
一番の思い出は、係員としてではありますが、W杯決勝戦のピッチに立てたことです。

*

歯科医師になって

*

友人からの紹介もあり、東京の歯科医院にて勤務しました。
その分院では、自費の治療も行い研鑽を積んでいきました。

*

地元愛知に戻り、知多の歯科医院にて勤務。
先輩や仲間と考えながら治療を行うこと、治療結果を省みることで、知識・経験を蓄積していきました。
歯科医師としてあるべき姿を学び、副院長という立場を経験したからこそ医院全体を見渡す力も身につきました。

*

そして開業

*

分院長としての経験を経て、開業へ。
すばらしいスタッフとめぐり合うことができ、ともに地域の皆様の歯を守ることの使命へ向かって頑張っていきたいと思います。

*

関連医療機関 猪塚皮膚科

ページの先頭へ戻る