歯を守るために、
痛くなる前に歯医者へ*
現在の歯科医療は「治す」ことより「守る」という、予防歯科の考えが主流となっています。
歯は一度削ると二度と元に戻りません。治療のために歯を削って被せ物や詰め物をしても、それを永久的に使い続けることはできません。
つまり、天然の歯に勝るものは無く、それを失わないように守ることが大切なのです。

世界で一番歯科疾患が少ないと言われているスウェーデンも、虫歯や歯周病などになる前に定期的に歯科医院へ通うことが当たり前になっているからこそ、その結果に結びついているのです。

いつまでも自分の歯で
健康に過ごすために

「年をとれば歯を失うのは当然」
そう思っていませんか?

「歯を失う」原因は、老化などの年齢に関係なく7割以上を虫歯と歯周病が占めています。つまり、虫歯や歯周病にならなければ、歯を失うこともほとんどないということ。

予防歯科に積極的に取り組んでいるスウェーデンでは、80歳になった時にほとんどの人が若い時とあまり変わらない歯の本数を維持しています。これは、国全体の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えを採用し、子どもの時から歯の健診が当たり前、歯の健康づくりが生活習慣として定着していることが理由です。近年、日本にもその習慣が徐々に浸透してきています。

*
  • *
  • *

より効果的な予防を
実践するために

「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」で
虫歯や歯周病を徹底的に予防しましょう

定期的に歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」と、ご自身が毎日自宅で行う「セルフケア」を合わせて予防歯科と言います。
どちらか一つを行っていればいい、というわけではありません。ご自宅と歯科医院でのケアの両方を行うことで、より効果的に大切な歯を守り続けることができるのです。

*
ご自宅で行うセルフケア
  • 歯みがき
    自分ではしっかりと磨けているつもりでも、実際には磨き残しができてしまうものです。歯科医院でプロによる指導を受け、自分に合ったハブラシで正しい歯みがきを行いましょう。
  • *
  • point
  • 毛先が開いてしまったハブラシは歯にきちんと当たらず、汚れが除去しづらくなります。
    ハブラシの交換は1ヶ月に1本を目安にしてください。
  • フッ素配合の
    歯みがき剤
    歯質を強化したり、虫歯の発生と進行を防ぐ働きを持つフッ素。そのフッ素を含む歯みがき剤を使用し、歯みがきをより効果的なものにしましょう。
    *
  • デンタルフロス
    通常の歯みがきの後にはデンタルフロスを使って、ハブラシでは届きにくい、歯と歯の小さな隙間まできれいにしましょう。
    *
  • デンタルリンス
    就寝中はだ液の分泌が減り、細菌が繁殖しやすくなります。就寝前に、または歯みがきの仕上げとしてすみずみまで殺菌します。
    *
虫歯や歯周病から歯を守る
CARE
心と身体に寄り添った治療
CURE

関連医療機関 猪塚皮膚科

ページの先頭へ戻る